結婚指輪は夫婦の証明!常に見つけておくものだからこそ大事にしましょう。

結婚指輪は常につけておく物!必見情報

彼女と遂に結婚した!プロポーズも悩みに悩んで何とか成功。次に渡す結婚指輪どうしようと考える方は多いです。結婚指輪は常に身に着ける物だからこそ大切にしたいですよね。結婚指輪の相場は20代30代の人は30万程度です。40代以上の年齢の方はもっと高いと言う事ですね。それこそ100万近くする場合も!一生に一度の大事なプレゼントですから、ここは奮発してもいいでしょう。婚約指輪と違い結婚指輪は夫婦の証ですから自然に渡す感じがいいでしょう。

婚約指輪と結婚指輪の大きな違い!

婚約指輪と結婚指輪は、同じ指輪なのに何故二回もプレゼントするのでしょう!それは、意味の違いにあります。婚約指輪の場合、これから結婚する相手に、自分決意の印を伝える意味で渡す指輪です。結婚指輪は、夫婦である証を指輪として渡すものです。婚約指輪は渡した後、受け取った後は大事に保管します。それに対して結婚指輪は常に身につき生活を共にします。婚約指輪と結婚指輪の意味合いの違いを理解すると納得できますよね。

婚約指輪と結婚指輪の重ね付けが流行り!

近年、婚約指輪と結婚指輪を一緒に付けるのが流行りとなっています。セットで販売するお店も数多くあり、今後主流になるのではないかと思う位です。婚約指輪は渡してからずっと保管して置くので勿体ないからと言う流れでしょう。せっかるあるのだから身につけたいと思いますし、その方が指輪にとってもいいでしょう。婚約指輪と結婚指輪のセットで買い重ね付けをするとボリューム感も増します。重ね付けをするのであれば同じブランドがおススメです。違うブランドで重ね付けすると素材も違う可能性がありますので危険です。色合いも同色をおススメします。

結婚指輪は結婚式で互いの左手薬指に装着するのが一般的です。これは心臓に繋がる血管が通っていると信じられていたことに由来します。日常的に装着し続けるため腐食しにくい素材が使用されます。