給湯器が壊れたときに知っておきたいこととは?

耐用年数はどれくらいか

給湯器は、普通どの家にもついています。給湯器の役割は、お湯を出すことにあります。特に冬の寒い日は給湯器が大いに活躍をするでしょう。ただ、給湯器にも寿命があり、利用しているうちに壊れてしまうことがあります。給湯器が壊れると、暖かいお湯が出てこなくなり、お風呂に入ることができなくなってしまうのです。給湯器の耐用年数はおよそ10年になります。10年経過するかどうかぐらいで、給湯器の買い替えをすることを頭に入れて置きましょう。

故障の前兆を知ろう!

給湯器が故障する前には、前兆があります。いきなり全くお湯が出なくなるわけではなく、不調だなと感じて数日以内に完全に故障するのです。では、どのような前兆があるでしょうか。まず、お湯の温度が安定しなくなります。暖かいお湯が出たり、冷たい水が出たりを繰り返す場合には、交換をするべきです。また、ポンッという小さな破裂音が聞こえたときは、給湯器に異変が起きたときです。修理をするか、交換を考える時期と言うことになります。

給湯器の号数について知ろう

給湯器には、グレードがあります。言い換えれば、1人暮らし用の家につける給湯器と、4人家族から6人家族の家でつける給湯器の種類は異なるのです。1人暮らし用につける給湯器を家族で使う用に用いると、明らかに容量不足に陥ります。給湯器には号数がありますので、どの号数がぴったりかを判断しなければなりません。例えば16号ならば、1人暮らしから二人で暮している家にぴったりです。一方、24号から28号なら家族で利用するのにぴったりの容量です。

毎日使っているうちに、給湯器の不具合が生じるケースが見受けられます。そのような場合には、給湯器の相模原に相談しましょう。給湯器の修理も受け付けています。