「家族婚」で行う結婚式! どうやって準備する?

家族婚に招待する人とは?

結婚式を家族婚のスタイルで行うと決めたなら、大半のことは新郎新婦の自由にできます。必ずしも宗教的な形式に縛られなくてもよいのです。ただし、招待すべき人はある程度決まっています。まずは新郎新婦の両親と兄弟(姉妹)で、この人たちは欠かせません。そこに、叔父・叔母が加わります。友人は基本的には招待しません。特に親しい人なら別ですが、機会を改めて結婚を報告するとよいでしょう。職場の同僚や上司、学生時代の恩師は対象外です。

会場はどうしたらいい?

家族婚は一般的な結婚式よりも小規模になるのが通例のため、会場の選択肢はたくさんあります。最初に候補となるのはホテルです。大型のホテルほど、いろいろな規模の結婚式に対応できるように部屋が用意されています。また、レストランに予約を入れて貸し切りのような感じで使用するのもおすすめです。この場合は食事会としての雰囲気が強くなりますが、新郎新婦からしっかりとした挨拶があれば家族婚では問題ありません。会場の立地は、駅の近くなど招待客が訪れやすい場所にするとよいでしょう。

引き出物は用意するの?

家族婚は比較的自由度が高いスタイルです。そのため、一般的な結婚式のように「ご祝儀をいただいて、引き出物をお渡しする」という形式をとるとは限りません。とはいえ、結婚の記念品を贈りたい新郎新婦も多いでしょうから、カタログギフトなどの引き出物を用意するのは無難です。家族婚の場で全員で写真を撮影することもあるでしょうから、引き出物は写真と共に後日の送付でも問題ありません。ホテルなどの結婚式プランを利用するなら、式場スタッフに相談するのもひとつの方法です。

家族婚を希望しているカップルが増えています。レストランやゲストハウスでも式を挙げることができますから、要チェックです。