男性必見!「婚約指輪」ってそもそもどうするもの?

「婚約しています」と周囲に知らせる証

婚約指輪って一体なんのため?と思う方は意外と多いもの。プロポーズのときに男性から女性にプレゼントする指輪ですが、それを女性がつけることにより、周囲に「私は婚約しています」と示す証のようなものなのです。ペアリングはカップルでつけるものですが、婚約指輪は一般的に女性しかつけません。相手の男性にとっては、「こちらの女性は私と婚約している」と周囲にアピールする印にもなりますね。そのため、職場にはあまりつけていかない女性も多いそう。

結婚したあとはどうするの?

結婚すれば、お互い結婚指輪をつけることになります。そのため、婚約指輪は一般的には普段使いはしません。婚約指輪から結婚指輪に切り替えるため、大切に保管することになります。友人の結婚式や、子どもの入学式などの華やかでフォーマルな場に行くときに、結婚指輪と婚約指輪を重ね付けする方が多いです。二人の記念日におでかけするときに付けてもいいですね。普段使いしないため、婚約指輪はいらない、という女性も意外と多いのだとか。

婚約指輪は本当に必要かリサーチを

一生に一度のプロポーズは、男性にとっても女性にとっても大きなイベント。ドラマなどでよく見る、「指輪ケースをパカっとひらいてプロポーズ」なんて憧れですよね。しかし、実は婚約指輪はいらないと考えている女性も意外と多いもの。婚約指輪は結婚指輪に比べ、高価なものが多いです。そのため、婚約指輪にお金をかけるなら新婚旅行や新しい家具などにお金をかけたい、と考えている女性も多いのです。本当に婚約指輪は必要か、事前のリサーチがおすすめです。

近年では婚約指輪はプロポーズ後に夫婦となる二人が一緒に買いに行くことも珍しくありません。お互いの納得のお行くデザインと価格帯を選ぶことが出来ます。