子どもの学校生活の記録である写真を整理・保管しよう

増え続ける子どもの写真

いつの間にか増えてしまう子どもの写真・・・子どもの写真の整理は結構大変なものです。今はプリントしないでデータとして保管している方が多いかもしれません。プリントした写真の整理・保管は思いのほか面倒なものです。特に学校の集合写真は、サイズも大きく、扱いに困るという声をよく耳にします。学校から購入した写真は一般的にデータがないので、その写真をきちんと保管しておかなければなりません。そこで、学校の写真をどのように整理・保管したらよいのか、考えていきたいと思います。

ファイルを活用しよう

今、写真のサイズはLサイズが多いと思います。100円ショップなどでは、Lサイズの写真ファイルが数多くあります。プリントした写真はとりあえずそのファイルに1枚1枚入れておくのもいいかもしれませんね。大きいサイズの集合写真は、B5のファイルやA6のファイルなど、写真ファイル以外のクリアファイルに保管しておくことができます。学校の写真には日付が入っていない場合もありますので、後から見ても分かるようにどこかに年月日を記載しておきましょう。

かけがえのない学校生活の記録

遠足、学芸会、クラス写真、修学旅行・・・、学校の写真は子どものかけがえのない学校生活の記録です。ぜひきちんと保管して、子どもが後々見返すことができるようにしておきたいものです。高学年ぐらいの子どもであれば、写真の整理を任せてしまうのもいいかもしれません。その際、写真の取り扱いには気をつけさせてくださいね。湿気や水分は厳禁!せっかくの写真がダメになってしまいます。親と子どもが一緒に写真の整理をするのも効果的です。懐かしい学校生活を思い出して、話に花が咲くかもしれません。

学校写真を引き受けているフォトスタジオはたくさん存在しています。価格やサービス、写真の仕上がりを比較して選ぶことがポイントです。